現代の性病の感染源

その昔、性病はある意味特殊な病気でした、およそ一般的ではなく社会の表側から隠れた裏側でのものだったのです、今より厳格だった社会の常識と貞操観念は病気の拡がりの抑止力になる一方で感染者には強い罪の意識と羞恥心を科したのです。

そして現代、人と人の垣根は低くなり、社会の意識は自由の名の下で個人の行動を制限するものが無くなりつつあります、昔の常識や貞操観念といったものは過去のものとなりました。

便利な情報ツールで本名も知らぬどこかの誰かと出会うことなど容易いこと、出会いがそうならば別れもまた然り、そういう相手との性交渉も特に珍しいことではないようで、まさに「カジュアルセックス」たる所以です。

自由と奔放さの引き換えに性病が増えています、過去のものとなっていた梅毒も再び増加に転じて久しいはずです、これだけ検査も簡便で正確さを増し、医薬の発達で治療も確実になっていながら性病が増えるのは一見すると矛盾するような気もするでしょう。

検査が簡便になっても受けないのでは症状が進むまで性病に罹っていることに気付かないかもしれません、気付いていないのであれば早期治療の実現で優れた治療を受けに病院を訪れることもないのです。

そうやって本人が気付かぬ間に新たな感染者を増やしてしまうことも考えられます。

現代の感染源とは行為や場所や物を指すよりも、薄い危機感と情報不足からの認識の甘さという人の意識でしょう、この点に尽きます。

コンドームを使用すれば全てを防げると信じている人がいるかもしれませんし、性器だけの病気だと思っている人もいるかもしれません、何に罹っても薬を飲めば治るから大丈夫だと楽観視している人もいるはずです、それらが錯誤であることに気付かないということは危ういことです。

まさか一生後遺症が残る可能性があったり、命に関わる事態になり得るなど夢にも思っていない人もいると思われます。

だからこそ今、現代の感染源を断つべく性病についてのしっかりとした教育や啓蒙が必要です、病気の種類や感染経路、検査の方法とおおよその費用、感染した際に起こり得る体の変化、病状が進んだ時の状態と起こり得る不都合、治療法と治療に必要なおおよその期間、治療にかかるおおよその費用、その他注意点などいろいろ。

知っておいたからと言って全てが無くなるわけではありませんが、個々の意識が多少なりとも変化すれば少なからず良い方向へ変わってゆくはずです。

■性病治療はネット通販を利用
女性がよくかかるトリコモナスを治療
■性病に効果のあるオススメの薬
バルトレックス
ジスロマック
■性病にも使える抗生物質
抗生物質 通販

ページトップへ